大島紬

1300年の伝統を誇る本場奄美大島紬

フランス・ゴブラン織、ペルシャ絨毯と並ぶ、世界三大織物の一つといわれている大島紬。
自然に敬意を表し柄を織り込む。世界でも類いまれな技術で織られる。

その美しさの裏には、機会では不可能といわれている繊細な技術がある。

染められた縦糸とよこ糸を組み合わせ、まるで小さな点を集めて絵を描くかのように仕上げるという見事な柄。糸一本分のずれも許されない。

そんな本場奄美大島紬の工程のひとつに「泥染め」があります。

泥染め

Amami Earth Color “Dorozome”

泥染めは地球の色。
地球からの恩恵に感謝し、その環境を守り次の世代の子達へ伝えていかなければなりません。

泥染めに携わる者として、大事に大事に後世へ引き継いでいきたいと思います。

動画で分かる泥染め