奄美大島で人気の観光体験といえば、肥後染色の泥染め体験

奄美大島で人気の観光体験といえば、肥後染色の泥染め体験

泥染め体験

※新型ウイルス感染症の緊急事態宣言を受け、4月から泥染め体験を中止いたしておりましたが、再開いたします。

 

国内外で新型コロナウイルス感染症が拡大する世界的な非常事態の中、奄美大島等は閉鎖的な離党空間であり、島民間の交流が多く、かつ高齢者も多いことなど、万が一島内での感染発生、拡大した場合、医療体制、感染病床に限りがあるため、適切な治療、生命の維持にとって危機的な状況になることが想定されます。

今後も島から当該新型コロナウイルス感染者を出さないことが切なる願いであります。

つきましては、国民等しく島民にとっても当該感染症の発生、拡大に不安を抱いている状況をご理解いただき、下記の内容で実施してまいりたいと思います。

どうぞご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

◎ご来場をお控えいただきたい方等

健康状態:軽度の風邪の症状、体調がすぐれない方。熱がある方。15日以内に海外渡航歴のある方

 

◎泥染め体験実施にあたり以下の内容で実施いたします。

・混雑を避けるために完全予約制とします。

午前の部受付 9:30~10:00 2組(最大6人、最小1人)、午後の部受付 13:30~14:00 2組(最大6人、最小1人)

・営業時間を短縮しております。

※マスクの着用(工場で販売もあり)

・手洗い、消毒のお願い

 

※日曜日は休みです。

 

奄美の伝統に触れる・・・・・・・・・・

 

 

泥染めの工程をYouTubeにアップしております。

ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=E4h7S98oBMs

 

 

 

南北に広がる奄美大島。
その北部側にある龍郷町(たつごう)
また、その龍郷の奥にある戸口集落(とぐちしゅうらく)

そこには、
なにか昔懐かしい感じ・・・・・静かに流れる時間。

童心に返って無心に染める。
仲間で楽しく染めるもよし。
奄美の伝統「泥染め」を肌で感じる。

IMG_0350

 

IMG_0385

 

IMG_0401

あなたの思い出に残る作品作りに、職人さん、スタッフ一同、明るく楽しく一緒になって頑張ります”
綺麗に染まる3つの法則

・手をよく動かすべし!     ・時間をかけるべし!    ・キレイに染まれと願うべし!

●雨降りOK!  室内で行いますので寒くない!  ●染めた物はその日で持って 帰れます。 ●お一人でもOK!    ●生地の販売もしています。(Tシャツ¥900~、コットンストール180×55cm¥、トートバック, ハンカチ のれん 他イロイロ)※要予約

 

●コットンストール180×55cm
写真 1     染めると→   IMG_1838

●ジャージ、長靴、手袋、エプロンなどは全て無料でお貸ししますが、お着換え持参できる方はお願いします。
●予約願います。

・予約願います。当日予約可

・体験時間 午前の部 9:30、10:00、 午後の部 13:30、14:00、

●泥染め体験料金 お一人 大人¥3.300 、 小人(小学生~中学生)¥1.650

 

●時間をかけるほどにいい色合いになりますので、時間に余裕を持ってきてくださいね。
(約90分~)  お急ぎの方は時間を調整いたしますよ。

【注意事項】

※持ち込みに関する条件等

300g未満で1~2点。※あくまで体験ですので大量のお持ち込みはお断りいたします。

(未満であっても点数はかわりません。超過料金で体験できます。最大5~600g、約5~6点)

(持ち込み素材:天然繊維、綿、絹、麻等)

 

・お子様の持ち込みは1点限り

・お子様だけの体験が無理と思われたときは、大人の方もご一緒に体験お願いします。

・詳細は電話にてお問い合わせください。

●タオル、カメラ等ご持参下さい(気軽にお声掛け下さい。お撮りします)

●ご予約は、体験をご希望される日時、人数、代表者の氏名、連絡先をお伝え下さい。

●電話 0997-62-2679  (戸口工場) 受付時間9:00~17:00

mail:dorozome@s500.jp

 

2014-03-10-10.58.28

 

釜

体験工房

売り場

外見

 

肥後染色の泥染め体験は、奄美大島に訪れた旅行者にとても人気です。

 

1.工程の説明

まずは職人が簡単に工程の説明いたします。
職:「うがみしょうらん」  「楽しんでってくりんしょれ」
客:「え?」
taiken1

2.柄しぼり

どんな柄にするかはあなた次第!!多種多様にありますよ!!ん~無限大・・・・・・。
柄の絞り方もバッチリサポート!!お任せあれ!!
職:「イキャシシュン?!」 (どんな柄に・・・・)
客:「ん~~あれもいいしーこれもいいし・・・・・悩む~~」
職:「キャシュン柄クァは!」
客:「ん!!いい お願いします」

客「わ!楽しみ!!」
taiken2

3.テーチ木染め

まずは、テーチ木を煮出した染料で染めていきます。 この時、「染まれ!!」っと念じましょう・・・・。時間をかけるほどに染まっていきます。

(テーチ木の独特なにおいが特徴)ぜひ嗅ぎに来て~~~~ :-P

職:「空気クァニ 触れさすように ゆっくりじっくり モミンショレ」
客:「ん?!このニオイ・・・・・・でも、楽しい!!」
客:「何回繰り返すの?~~」
職:「チャ~ 石灰水は アルカリ、テーチ木の汁は酸性)笑
ウリバ、交互に繰り返すことで濃くなってイキュット!」
客:「なるほど~そういうことか!」

taiken3

いい色合いに染まってきたら次に泥に入れます。
このときに、また絞ることでテーチ木の茶色を残すことが出来ます!

職:「いい色クァジャガ!!」

taiken6

4.泥染め

先ほどのテーチ木で染めた生地を泥で染めていきます。泥の鉄分とテーチ木のタンニンがあわさることで、生地を黒くしていきます。
泥の鉄分とテーチ木のタンニンが結合することで、色は黒っぽい色に変わります。
そうすることで「生地がしっかりしてくる」「色が安定する」
客:「きゃ~足がぬるぬるする~~気持ちいい~~~~」

素足で入ると不思議な感じです(夏季)

田んぼは気候条件等で入れない場合は、工場に用意している場所で行ないます。

 

泥染め体験に興じるのは、お父さん、お母さん、子供たち。

 

5.水洗い

泥染めした生地を工場内にある地下水で、洗いながしていきます。

夏には、近くにある川へ行くことも・・・・

客:「コレは井戸水?」
職:「地下水ダリョット!」

taiken5

6.完成

喜び・感動の瞬間!!
最後に、ゴムで絞ってあるとことをほどき、いよいよ完成です。
職:「生地と手ックァ切らんように!」
客:「ドキドキする~~」

※仕上げに樹脂系のナチュラル素材の色止め材を使用しますので激しく色がでることはございません。

taiken8

7.出来上がり!!

じゃじゃ~~~~~ん!
「ハイバター?チーズ」
旅の思い出とお土産を同時にゲット!!!

職:「ムズラシャアティ!」(たのしかった?!)
客:「はい!またやりたーい!!」
職:「マチュリョット」(まってるよ)
客:「次はこんながらにしたーい」

taiken9

ありがっさまりょうた。

 

奄美大島に旅行される際には、ぜひ、泥染め体験で奄美大島の大地の色を楽しんでください。

綺麗に染まる3つの法則

・手をよく動かすべし!     ・時間をかけるべし!    ・キレイに染まれと願うべし!

●ご予約は、体験をご希望される日時、人数、代表者の氏名、連絡先をお伝え下さい。

●電話 0997-62-2679  (戸口工場) 受付時間9:00~18:00

mail:dorozome@s500.jp

泥染めを肌で感じよう。

 

 

 

 

 

お問い合わせ・お見積りはこちらから

ページトップへ