奄美大島で人気の観光体験といえば、肥後染色の泥染め体験

奄美大島で人気の観光体験といえば、肥後染色の泥染め体験

肥後染色と泥染め

kouba1
昭和50年ごろの肥後染色( 龍郷町戸口 )


◆事業内容・・・・・・・・本場奄美大島紬古代染色泥染め、泥染めOEM、泥染め商品製造販売

◆代表者・・・・・・・・・・肥後 英機 (経済産業省大臣 伝統工芸士)

◆従業員数・・・・・・・・5人

◆開業・・・・・・・・・・・・昭和48年

◆所在地・・・・・・・・・〒894-0107 鹿児島県大島郡龍郷町戸口2176

◆連絡先・・・・・・・・・電話:0997-62-2679 FAX:0997ー62-2697

 

 

1300年の伝統を誇る本場奄美大島紬

syouhyou   mark3

フランス・ゴブラン織、ペルシャ絨毯と並ぶ、世界三大織物の一つといわれている大島紬。
自然に敬意を表し柄を織り込む。世界でも類いまれな技術でおられる「大島紬」
その美しさの裏には、機会では不可能といわれている繊細な技術がある。染められた縦糸とよこ糸を組み合わせ、まるで小さな点を集めて絵を描くかのように仕上げるという見事な柄。糸一本分のずれも許されない・・・・。

CIMG1360  ki

 

大島紬の工程

FH030018

大まかな工程は図のようになります。
図案の構成に始まり締め加工、染め、加工、織のように分業で行われていきます。

sime   kakou
しめばたの様子                            加工の様子

ori1  ori2
機織・・・・根気のいる仕事

 

 

泥染め(どろぞめ)の工程

itomihon

糸の見本

上記のように左から、絹糸→テーチ木染め12回→(12+12)=24回→(12+12+12)=36回→泥1回→テーチ木染め計60回→泥2回→テーチ木染め計80回→泥3回

染料をつくる

泥染めの工程は、島に自生する方言でテーチ木(シャリンバイ)をチップ状にすることから始まります。

te2   te1
海岸近くに自生する常緑樹。名前の由来は、葉が車輪のように輪生状につき、花が梅の花に似ることから。4-6月に枝先に円錐花序をだし、1-2cmの白色の5弁花を多数つける。葉は革質で光沢があり、互生し、葉身は4-8cmの楕円形。10-11月に果実は黒紫色に熟す。樹皮から大島紬の染料を採取する。大気汚染に強く道路脇に植栽される。

teiki1   teki3

te11       teki2
直径が7~8cm以上で、島の土壌で育ったテーチ木を細かくチップ状 (約600kg)にし、千斤釜で約二日間煎じ、成分(タンニン、ポリフェノール等) を抽出します。沸騰させては水を足し・・・を何度も繰り返します。煮出した染料は1週間ほど自然に冷まします。冷ます過程で空気中の微生物が糖分を食べに混入することで、自然に醗酵していきます。すると茶褐色の少しトロミを帯びた状態になり、同時に独特のにおいを 発します。一回で約2000Lの染料が出来ます。
温かい段階では「アルカリ性」ですが、冷めて常温になることで「酸性」へと変わっていくのです。
また、染料を煮出す燃料は、前回煮出し終えたテーチ木のチップを使用するため、無駄がありません。まさに先人の知恵。
泥染めは、奄美大島紬組合の規定にシャリンバイを煮出した染料で染め、泥でバイセンすることと決まっているのです。
切り出されたテーチ木は、1mほど残し切り出されるため、10年後にはまた染料として使えます。

ki1 名称未設定-1
写真は昭和52年ごろの泥染め工場の様子            煮出し終えたチップは次の燃料になる

テーチ木染め

some     some1

染めるべき絹糸は長い糸で1本16000m(16km)もある。重さにして4~5kgもある
その時々の気候、時間、糸の状態をみながらテーチ木の煮汁で染め、染めては絞り、染料を入れ替えしてはまた染める。 するとテーチ木の色、茶色の褐色になります。空気に触れさすように染めるのがコツ。漬けているだけでは染まりません。また、糸を切らないよう素手で行ないます。
途中、石灰水に中和します。テーチ木の染料は酸性ですので、石灰のアルカリ性と中和することで濃度が増します。いわば、テーチ木に含まれる「タンニン」をひつける為の役割です。
①石灰水に浸す→②テーチ木の染料で染める(7~8分)→③染料を半分捨て、新しい染料を足して染める(7~8分)→④また染料を半分捨て、新しい染料を足して染める(7~8分) そして色を安定させるため完全に乾燥させます。
この4つのサイクルで染めていきます。この流れを3回することで12回染め   泥に入れるためにはこのサイクルを3回ほど繰り返します。36回染め
泥に入れてはまた染めていきますので、大島の糸を仕上げるには80~90回も染めるのです。染めの良し悪しは職人の長年の経験と感が頼り。

ito DSC01090

some2  DSCN3334
昭和54年ごろ                           ムシロ状のものは乾燥時に必ず広げます。

 

泥染め

doro1

テーチ木染めしたものを次は泥田で染めます。 染めるというよりは、泥に含まれる鉄分(Fe)をタンニンと反応 させる 、泥でコーティングするといったほうがいいでしょう!。「鉄媒染」といいます。媒染することにより、茶褐色の糸が黒い褐色へと変化していきます。
そうすることで、色が安定し糸はしなやかになるのです・・・・・・・。

doro6   doro5
泥染めの田んぼは、切り立った山裾にあります。雨水が山の栄養分を泥田に運びます。
田に住む微生物が泥を分解することで下記のような特徴になります。

奄美の泥の特徴
・きめが細かく粒子が丸い。(糸が傷つかない)
・自然界に存在する鉄分が豊富(赤土の土壌)

琉球列島の付近に分布する150年前の粘土地層には鉄分(ニ価鉄)が多く含まれている。奄美でも龍郷町の土地には、およそ150万年前の粘土地層が奇跡的に150万年前のまま残っていたことで、泥染めの盛んな地域でもあります。

泥に入れることにより、糸はしなやかになり、ツヤがでてきます。また、防虫効果や静電気防止、消臭作用、いろんなメリットがあると考えられます。

粒子が結合しますので、色ががっちりとスクラムを組む感じになります。結合力が増しますので、退色防止等泥でコーティングすること によりたくさんのメリットが得られるのです。 泥に漬込む時間は温度、気候によって違ってきます。(夏は染まりやすい、冬は染まりにくい)
写真:肥後染色代表 伝統工芸士 肥後 英機

doro3 太ももまで浸かり、ムラにならないよう素手で揉みこみます。

これだけの工程1回では完全な黒褐色にはならないので、この一連の工程を3~4回繰り返すことで、やっと奄美の泥染め独特の深みのある黒褐色が生まれるのです。(大島紬の糸は形状や量によりますが、一週間~10日ほどかけて染め上がります)

ito11

色のレイヤー(階層)が深いので、科学染料で合成し得ない独特の渋みのある色合いになります。

また、テーチ木の煮汁、自然の泥といった自然染料を使う為に、若干色落ちしたり、仕上がりが均一でなかったりしますが、手染めの温かさやわらかさ、またエージング(色の変化)も楽しめます。

島に自生するテーチ木と鉄分を多く含む田の泥を染料として染める方法はまさに、島の大自然と人の歴史によって生み出された技術です。

ito
染め上がった大島の糸  なんともいえない黒褐色である

DSC01906
昭和40年ごろの泥染めの様子 肥後染色泥染め職人 肥後 純一

動画でご紹介しております

 

仕上げ

DSC05242

泥でバイセンした糸は、キレイな川の上流で洗い流します。泥の細かい微粒子は川の流水でないとなかなか洗い切れません。
(奄美に生息する毒蛇「ハブ」に注意。夜行性なので昼間は木陰や草むらに隠れているため)
泥を洗い流した糸は、再び工場に持ち帰りテーチ木染めを行ないます。さらに色を深めていきます。
このテーチ木染め、泥染めを交互に3~4回繰り返すことで。大島紬の独特の黒は生まれるのです。

DSC05235     DSCN4691
染色には豊富な水も条件です。奄美大島名瀬の年間気温21.6度、年間降水量2913.5ミリメートル。地下水も豊富です。

araiba  昭和56年ごろ 工場の洗い場

dasui この脱水機は創業当時から現在も使用。
泥染めはほぼ手作業で行ないますが、絞る作業はこの巨大な業務用脱水機を使用します。
あと、機械等使用するのは、テーチ木をチップにする機械と、乾燥機のボイラーのみです。
その他の作業は昔と変わらず、手作業で行なわれます。

 

回数がふえるにつれ濃い色合いになっていきます。色のレイヤー層が深くなっていくということです。

ito12
大島紬は絹糸を使用

 

te
素手も染まっていきます。
シルク同様、動物性なので手の染まり具合も糸を染める上で参考になります。
仕事が終わると、漂白剤で洗い流します。

平成18年 肥後染色
FH020003

我々は、地球から恩恵に感謝し、その環境を守り次の世代の子達へ伝えていかなければなりません。
泥染めに携わる者として、大事に大事に後世へ引き継いでいきたいと思います。

肥後染色

肥後染色は泥染工場です。

私どもは泥染めの色にこだわります。
地域に貢献、奄美の環境保全にも努めます。
何度も何度も染めては絞り、泥に漬けては染め、独特の黒褐色を生み出す。
創業当時から変わらぬ熱意でこの色を守っていきます。
肥後染色と本場奄美大島紬は車の両輪のように続いてきました。
そして、次世代に伝わるような泥染めの新商品開発にも努めてまいります。

y 昭和50年ごろの先代
肥後 要光  えみ子   等工場の看板真ん中の文字は先代の要を用いたもの

k  名瀬平田町に在った事務所(現在は鳩浜町)

h  若かりし頃 英機

z 純一

平成14年 経済産業省大臣指定伝統的工芸品 本場大島紬 染色部門 伝統工芸士

dentou2      dentou1

 

FH010023
左から 山元 隆広   肥後 英機   肥後 純一

平成22年 肥後染色 龍郷町戸口
DSC_0006

泥染め体験をおススメするわけ

奄美大島に伝わる「泥染め」は島の先人の知恵
独特のこの染色法は他にはない奄美特有の染め。
糸や生地を染めることで、その素材自体を生かし、かつ変えていくということ。
人にとって着るものは、衣食住の三大要素、肌に直接触れるからこそ天然の物にこだわりたい。
☆泥染め体験

奄美大島に旅行される際には、ぜひ、泥染め体験で奄美大島の大地の色を楽しんでいただきたいのです。泥染め職人たちと一緒に、歴史ある肥後染色で泥染体験をお楽しみください。

お問い合わせ・お見積りはこちらから

ページトップへ